スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィガロの歌詞を見て!

2010/07/28 00:30
どんな感じの歌なのか、
文字を追って、歌を聴いて
勝手に詩にしました。
(あえて、翻訳したとは言いません…
 自力なので、全く自信無いし、分からないとこあるし…)
だから、意味がつながらなかったり、全然違っていてもご勘弁…


~最初の日~

そよ風が吹き始める輝かしい季節
狂おしく思い出さずにいられない 過去の記憶
あの日、家を離れて海辺 地平線を追って どこまでも行ったね。

たとえどこにいても 世界が変わり続けても
永遠に忘れない 僕達が最初に出会ったあの日

太陽は昇り 回り続け、僕らはひたすら夢を追いかけた
小さな体で大きな世界に向かって想いを抱き続けたね。
たとえ視点がぼやけても 
たとえどこにいても 世界が変わり続けても
永遠に忘れない 僕達が最初に出会ったあの日


呼吸をする度に 美しい瞬間が心に甦る。
すぐに君のそばに飛んで行かせて
記憶の旋律を訪ね、記憶の傷跡を超えて行くから。

空はずっと輝き、夜空の流星はしばしその時を止める

さよならは言わないよ。
僕は静かに終わらない物語を書き続けるだろう
君を僕の側に置いて

たとえどこにいても 世界が変わり続けても
永遠に忘れない 僕達が最初に出会ったあの日
(永遠に忘れない 僕達が一緒に笑っていたあの日を)   


スポンサーサイト
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。