スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梦想拼图 9 その2

2015/05/24 14:04
僕が早くから「恐れ」を抱いていたのが「舞極限」上海会場の「空飛ぶ絨毯」だった。
リハーサルの時、突然故障して傾いた。
本番でその上に乗った時、スタッフみんなが心臓の鼓動が早くなっていたに違いない!
でも僕には到底及ばないだろう。本当に口から心臓が出てきそうになって、みんなに笑って手を振りながらも
万が一傾いた時には、4階の高さにいて、どうやって緊急避難するか準備をしていた。

 まだある。
完全に僕の「恐れ」の想像以上のことが「舞法舞天」上海の「飛ぶ自転車」で起こった。
ちょうど僕が空中で自転車をこいでいるその時、楽しく「生理時鐘」を歌っているときだった。
その場面はとてもスウィートで温かく、5階の高さにいた僕は、陶酔していた。
…そのあと、僕は突然発見した。
最初は信じられず、目を大きく見開いた。
本当だった!ワイヤーが切れてる!
飛ぶ自転車を支えているワイヤーがさっき一本切れ、残り一本だけで吊られている僕は、歌声は変わらず、笑顔で、
でも、自転車を踏む足は速くなった。
まるで神様の風火輪のように速く、はっきりと前方の終点は見えるのに踏めば踏むほど遠くなり、この世界で最も遠いところに思えた。

そうだ、「勇気」はあなたをさらに遠いところに連れて行くけれど、「恐れ」は、さらに慎重にさせる。
「勇気」は、あなたをトランスフォーマーに変身させるが、「おそれ」は一塊の最も柔らかいスポンジに変える。


スポンジは、とても柔らかくて、それは自分が足りない謙虚なところだ。スポンジが水を吸うように知識を強力に吸収する。
知らないことが多くて、賢いわけではなく、ばからしい問題を聴くのを恥ずかしいと思わないので、
毎回新しい知識を吸収し、強い吸水力を発揮し、膨大な情報を全部吸い込んで進むのだ。

それは、トランスフォーマー戦士は、飛びこんだ「恐れ」の森林の中で、呪いの神に変身する。
夢に勇敢に向かっているときは、恐れの心を忘れないようにしよう。
ここで7つ目のパズルを分かち合おう。「恐れ」はあなたをもっとよりよく変える。


最後に一つ、知られてないプライベートな話を…元彼女との偶然の再会だ。
「舞法舞天之一萬零一夜」の高雄公演で、舞台で挨拶しているとき、彼女を見つけた。
10数年後に、人海の中で簡単に見つけようとは思ってもみなかった。

それが僕の初恋だったからかもしれない。真剣な愛だった。あれはまだ若くて勇敢な年代だった。
悲しい場面ではなかったが、僕は彼女が泣いているのを見た。

スタッフが僕の台車を前に押した。誰も知らず、止めることもせず、僕たちは目線をかわし、僕は力いっぱい彼女に微笑みかけた。

僕は心から彼女を祝福し、今幸せであってほしいと願った。それは僕が夢の途中で、最後にやっと学んだことだった。
僕たちは失敗の中で容易に恐さを学ぶが、成功しているときは、恐れを学び、大切にすることは少ないのではないか。

大多数の場面は、何秒後かには過去になり、心の底に、永遠に忘れられない思い出に変わる。
楽しいこともあれば、少し悲しいこともあるかもしれない。
でもみんな美しいコンサートの一部だ。
まるでコンサートの中で、楽しい曲や悲しい曲がある。でも、頭の中に浮かんだ画面を誰も知らないし、誰も見ることはできない。
コンサートを聴きに来る人一人一人が、みんなそのコンサートの主役なんだ。

それぞれの主役が自分だけの画面を持っている。
そして自分だけのものだからこそ永遠に忘れられないコンサートとなる。

僕にとってのこの一夜のように。






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。