FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン7の続き「この世界は本当に小さい!」

2011/03/14 22:45
(バイクを盗んだ相手を)
力を入れて殴ってしまったけど、大したことがないといいが…。
ただ今回殴ったことが、彼の記憶から消えるのを願うしかない。

夏休みが来て、
僕は毎年のようにママと花蓮のおじいちゃん、おばあちゃんのところへ行った。
「久しぶりね~~」
遠い親戚の人が来ていて、嬉しそうにママを昔の芸名で呼んだ。
「おやまあ、ショウちゃん?こんなに大きくなって~~」
親戚の人は僕の手を取ると、後ろを振り返って、呼んだ。
「善ちゃん、来て!誰だと思う?ショウちゃんよ。
小さいころ花蓮に帰ってくると、いつも一緒に遊んだショウちゃんよ。」
遠く、長い人影が見えた。
そしてそのまままっすぐ走って来た…
僕はすぐ分かった!
あいつだ!!あのやりあって、最後に思い切り殴っちまったあいつだ~!

僕は、ずっとずっと前の小さい頃を思い出した。
夏休みの度に花蓮に来て、一緒に木登りをしたり、泳いだりした。
次の夏休みが来るまで、
その太陽が出てから沈むまで
ずっと一緒に山林で過ごした日々が懐かしかった。
そしてまた夏休みが来て、そうしていくつかの夏が過ぎ、
あいつは来なくなり、僕の少年時代は過ぎて行き、連絡は途絶えた…

「Hi!」僕らは太陽の下で同時に挨拶をした。
でも、ぼくらにとってそれが数年ぶりのなつかしの対面ではなかった。

ぼくはたくさんの話を彼としたかった。
先に彼に謝りたいと思った。
なぜなら暴力は何の解決にもならないから。
僕は本当にとっても後悔した…
でも、僕は彼に聞きたかった。
「どうしてバイクを盗んだの?」
僕はしっかり話をしたかった。
ママの話を使って、しっかり人付き合いをすること。人の道を外れないことを。
…たくさんたくさん話をしたかった。


やはり みんな、この一言に尽きる
「この世界は本当に小さい!」


スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。