FC2ブログ

レッスン17の続き

未分類
06 /11 2011
(続きなので、前の記事から読んでください。)
レッスン17(ママが語る4つの恋愛の方法)

第1に
絶対相手にプライベートな空間を与えること。


「独占欲をコントロールしなきゃいけない。相手を自分の付属品にしてはいけない。
絶対相手に自分の空間を与えることが必要だ。
『恋愛』は、相手の世界を自分が加わることで豊かにさせるが、
あなたの出現によって、相手の本来の生活が、ただあなたへの愛を証明するだけのために壊されてはいけない。」
僕はまだ腑に落ちなかった。
ママは続けた。
「ママが飼っている動物を見れば分かるでしょう。
 構えば構うほど、カゴが開くチャンスをねらって、逃げ出したら戻ってこない。
だから私は今までカゴを閉めないで、彼らは、出たい時に出て、でも自分でまた戻ってくる。」
ぼくは、ママが挙げた例が、変だと思った。
でも,道理に満ちているように思う。

第2に
恋愛は、あなたの生活の順位の一番最後に置きなさい。


「仕事、親子関係、友達、恋愛ー生活にはこの4つの選択肢しかない。あなたがどれを先にするかにかかわらず、
絶対に恋愛の順位は最後にしなさい。」
これは本当に理解できなかった。積極的に愛する人を探すなら、恋愛は一番大事にすべきだろう!
「みんな恋愛がとても重要だと思っているのでストレスが大きい。誰でも、仕事、親子関係、友情には、浮き沈みがあって、少しずつ努力しなければならないのが分かっている。
でも、恋愛については、失ってしまうと重症になり、少しでもうまくいかないとダメージが大きい。
それだけでない!
みんな愛情は、偉大だと思っているので、仕事、親子関係、友情がうまくいかなくなると、恋愛の相手と分かち合って欲しいと思う。
その結果、いつも相手に当り散らし、相手の理解が足りないと責めてしまい、二人とも不愉快な思いをするの。」ママは言った。
「ママが言いたいのは、恋愛にはリラックスすることが必要で、リラックスするほど、いい効果があるってことだね。」
僕は言った。
「そう!恋愛を“不思議なパワーをもつ水”にしないで。恋愛はあなたにエネルギーを与えるけど、あなたが本来抱えている問題を解決してくれるわけではないの。」


第3に
選ぶなら絶対親孝行な人

「ハハッ!親孝行も恋愛に関係あるんだね!」
僕は笑った。
「もちろんよ!親孝行は、一番我慢が必要だからね。忍耐力のある人は、愛を育むにも我慢することができて、
好い人の確率が高いわよ!」
ママは、僕の頭をポンポン叩いて言った。
ハハッ、意外に納得できる。
「でも、親孝行かどうかの判断は私に対して親孝行かどうかではないのよ!
親孝行のふりができるからね。見なきゃいけないのは、彼女が両親に対して、親孝行かどうかなの。
手っ取り早いのは、彼女がパパやママと電話している態度ですぐ分かる、これ、当たるわよ!」
「ママ、このことをみんなもともと知ってたの?」
僕はとても知りたかった。ママはこれまで、そういう知識を話したことがなかった。一体どこからなのだろう?

ママは、僕には答えず、一番重要な最後の一つについて語り始めた。

第4に
どんな恋人が欲しいかだけでなく、どんな恋人になりたいかを思うこと

「人は、好きな絵を探すように恋人を探すものだ。
全部絵で説明できる:見た目はどんなで、仕事は…、性格は…と
いつも自分のもつ額縁を忘れている。
額縁にあった絵を探さなければいけない。
もちろん、まずは、自分の額縁がはっきり分かっている必要がある!
あなたはどんな人?相手に何をしてあげられる?どんな恋人になれる?
自分のことさえはっきり分からない人は、どうして自分に自信をもって、
相手を幸せにできるというの?」

「パパが私に出会った当時から話すとはっきりするわ。」
ママは続けて話した。
「パパが言うには、私が凶暴だけど、パパの性格なら私に譲ることができる。
私のお給料がパパより高かったけど、彼は貯金するのが上手だった。
私が独立したけれど、彼は私に干渉せずに、干渉する勇気もなく、しかもいつも可愛がってくれた。
だから私たちは一緒にいるのに合っていたのよ!」
ママの目はキラキラしてきて、その瞬間、少女に返ったようだった。
あの初めて100%の恋人に出会ったラッキーな少女のように。

「ママ、ママはラッキーだね。
最初に出会ったパパが、“100%の恋人”で。」
僕は羨ましそうに言った。
「は?」ママは訝しげに僕を見た。
「100%の恋人だよ!探したってまず出会えないよ。ママは最初に出会ったんだから、とっても幸せだよ!」
「え~、パパが100点満点の訳ないでしょう?!パパはどう見てもせいぜい50点よ。
ーでも、そんなことは全然重要じゃないの。なぜなら、私が真心でパパに対して、パパが真心で私に対して、
それこそが最も大切なことなのよ。
いわゆる100%の恋人なんて、今どきのドラマの中のことよ!
しかも本当の生活の中で100%の恋人が現れたら、いいことはないわ。
最初は満点でも、あとで減点されてくるから。
いい恋人は、時間を経るに従って、だんだん得点が加算されて、
さらに最後に自分の点数を加えるのを絶対忘れないこと!
パパも元々は、50点だけだったけど、最後には、私がおよそ50点を加えて、100点になったのよ!」

そしてママは、このお酒はおじさんが送ってくれたのだと言った。とても美味しかった。
僕は少し酔いが回っていたが、はっきり覚えていた。
僕は自分を振り返り、愛した人を思い起こすと、いつもとても焦っていた。
焦って相手を評価して、自分のものさしに合うか合わないか判断して、
自分がその中にいることを忘れていた。
愛は本来二人のものであって、二人で一緒に答案に書き込んでいくべきだ。
もし、この世界に本当に100%の恋人がいるならば、
もし本当に100点満点の答案があるのなら、
それは絶対二人が一緒に手をつないで努力してきた結果だ。

かつて、僕は100%の恋人を探し、出会ったと思いきや、落ち込んで、疑い始めていた…
今、僕は信じている。
この世界には本当に100%の恋人がいると。

その喜びで、僕は突然、ママと乾杯したくなった。
そして一緒に言った。「カンパ~イ!」
おいしいお酒に、美しい夜に、そして素晴らしい恋愛論に!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

すごい!同感するところいっぱいです。
額縁の話は、三輪明宏もどこかで同じ事を言っていた気がします。
恋愛を順位の一番下に置く話も誰だったか忘れてしまいましたが
アメリカの有名なカウンセリングの博士が話していたように記憶してます。
けどママは経験則で知ってたわけですね。いや~脱帽です。

Re: No title

すごいですよね~!ママは経験で語っているのかしら?
どこかで聞いた話もあるのかしら?
しかし、私に言わせると、有名なカウンセリングの博士や、三輪明宏の話を知っている
うささんもすごいわ~~

shidu

別宅です.
気まぐれな管理人ゆえ、留守のことも多いです.
時に深入りすることがあります。
それでも好意的に見ていただけたらうれしいです。

予告なく、短期間で非公開にすることもありますが、ご了承ください.

・掲載している画像はすべて、関係者に不利益の生ずることがないよう配慮の上、
個人の趣味の範囲で使用しています。
掲載している画像の著作権・肖像権はすべて各関係者に帰属します。

*画像の転載は固くお断りいたします。

・台湾明星を広く応援している
全く私的なブログ(日記)です。
ご理解の上、ご訪問ください。

・閲覧は自由ですが、コメントや拍手をいただけると励みになります。

・個人的に御用の際は、左下からメールしてください。




アレンジ